J-Juke 80’sでは「待ち時間」にすら至福を感じる。

j-jukes

 

J-Juke 80’sでは「待ち時間」にすら至福を感じる。

J-Jukes 80’s (地図)

「待ち時間」とは鬱陶しいものだ。すぐになんでも手に入る時代だからこそ、欲しいものに「並ぶ」、「待つ」となると、億劫な気持ちになってしまうのも無理はない。ならばそんな「待ち時間」さえ有効活用できたら、億劫な気持ちを幸せと書き換えられるのではないか、と考える。
そこで出会ったのが、ジュークボックスのように音楽をリクエストできちゃうバー、ジェイジューク80s。

IMG_4752

このバーでは、1杯と引き換えに70年代後半〜80年代の邦楽を思う存分リクエストできてしまうのだ。ジュークボックスとアイディアは似ているが、リクエストの手段がすこし違う。まず、ほんの最近までカラオケに用意されていた「うた本」を匂わす厚みのある本が二冊用意されているので、席についたらさっそく手に取ろう。一冊はミュージックビデオやライブ映像があるもの、もう一冊は音源のみのものだ。音源のみの場合、80年代のコマーシャルが映し出されるので、これまたちがう意味で楽しめちゃうね。
松任谷由実からYMOサディスティックミカバンド光GENJI…定番の80sがぎっしり詰まった本を読み漁り、お目当ての曲を見つけたら、テーブルに用意された紙ペラにその曲名を書き込み、店員さんにそれを手渡しする。最初の一曲は割り込みで再生してくれるが、二回目以降はリクエストが入る順に流される形式だ。
つまり、Jジューク80’sでの「待ち時間」は、二曲目以降。計24席なのでそこまで待つことはないが、「いつ流れるかな」というウキウキがこみ上げてくる中、ほかの80年代愛好家たちがリクエストする音楽を聴いていると、いつの間にか新たなお気に入りを見つけている可能性あり。つまり待ち時間は、珠玉の一曲に出会える絶好のチャンスなのだ。

自分が聞きたい曲なんてYouTubeやストリーミングサービスで検索をかければすぐに聴けてしまう時代に、あえて自分の聞きたい曲が流れるまで待つ、という感覚が妙に心地良い。そうして待ちに待った自分の選曲に周りのお客さんも喜んでくれると、なお嬉しいんだなぁ。

DSCF0400

J-Juke 80s (地図)

営業時間:18:00-3:00 (ハッピーアワー: 18:00-20:00)
定休日:年中無休
クレジットカード:×
アクセス:JR中央線・東京メトロ東西線「中野駅」から徒歩4分
公式サイト:http://www.jjuke80s.com
ツイッター:https://twitter.com/jjuke80s

IMG_4755

FOLLOW US

YOU MIGHT LIKE

LATEST POST

江戸っ子がこだわる粋な小道具 – さるや –
あの頃の面影げを残しつつ、変わりゆく風景。- マルベル堂 –
結びに想いを込めて、言葉はそっと胸の内にしまっておきましょう。
可愛い動物に触れてみよう。- ハリネズミ専門店 HARRY –
伝統と最新技術の融合 – 東京駅 –