京都のシンボル – 東寺 –

東寺は平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、

嵯峨天皇より空海に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。

 

中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに

「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり

21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している。

 

1934年に国の史跡に指定

1994年12月には「古都京都の文化財」として世界遺産に登録された。

 

©Chitaka Chou

 

また、五重塔も京都のシンボルとなっているおり

高さ54.8メートルは木造塔としては日本一の高さを誇る。

 

826年、空海により創建着手に始まり、雷火や不審火で4回焼失しており

現在の塔は5代目徳川家光の寄進で建てられたものである。

 

SHOP INFORMATION

Address : 京都府京都市南区九条町1
URL : Official Site
Open hour : 拝観時間) 8:30-17:30 (時期により変更あり)

MAP GUIDE

FOLLOW US

YOU MIGHT LIKE

LATEST POST

古本の街だからこそ根付いた純喫茶的文化。- LADRIO ラドリオ –
登れるのも観れるのも、あとわずか。
お昼休憩は釣堀へ – 市ヶ谷フィッシュセンター –
「敬天愛人」なお方。- 西郷隆盛銅像 –
可愛いだけが取り柄じゃない。プロのシェフがつくる本格派スイーツ!