雪の降る道 – 秋田竿燈まつり –

竿燈まつりは、真夏の病魔や邪気を払うねぶり流し行事としてでき、

竿燈全体を稲穂に、連なる提灯を米俵に見立て

額・腰・肩などにのせ、豊作を祈る。

 

現在残っているもっとも古い文献は

寛政元年(1789)津村淙庵の紀行文「雪の降る道」で

秋田独自の風俗として伝えられており、長い竿を十文字に構え

それに灯火を数多く付けて、太鼓を打ちながら町を練り歩き

その灯火は二丁、三丁にも及ぶ、といった

竿燈の原型が記されている。

 

©王小惠

SHOP INFORMATION

Address : 秋田県秋田市旭北栄町1
URL : Official Site
Open hour : 毎年 8月3日〜8月6日

MAP GUIDE

FOLLOW US

YOU MIGHT LIKE

LATEST POST

江戸っ子がこだわる粋な小道具 – さるや –
あの頃の面影げを残しつつ、変わりゆく風景。- マルベル堂 –
結びに想いを込めて、言葉はそっと胸の内にしまっておきましょう。
可愛い動物に触れてみよう。- ハリネズミ専門店 HARRY –
伝統と最新技術の融合 – 東京駅 –