祭り

  • 手作りロケット – 龍勢祭り –

    龍勢祭りは、埼玉県秩父市下吉田にある椋神社の例大祭で行われる祭り   27の流派があり、毎年三十数本の龍勢(火薬を仕掛けた龍)を 轟音とともに天高く打ち上げるものである。 ... Read More

  • 鯛を担いで – 豊浜鯛まつり –

    明治18年頃に祭礼に興を添えるために はつかねずみの張りぼてを作ったのが最初とされる   愛知県知多郡南知多町豊浜地区で毎年7月に行われる祭り 大小の張りぼての鯛5匹 ... Read More

  • 雪の降る道 – 秋田竿燈まつり –

    竿燈まつりは、真夏の病魔や邪気を払うねぶり流し行事としてでき、 竿燈全体を稲穂に、連なる提灯を米俵に見立て 額・腰・肩などにのせ、豊作を祈る。   現在残っているもっ ... Read More

  • あなたの舟のあとを。- 精霊流し –

    "精霊流し"とは、初盆を迎えた故人の家族らが 盆提灯や造花などで飾られた「精霊船」と呼ばれる 船に故人の霊を乗せて「流し場」と呼ばれる終着点まで運ぶ 長崎県内各地でお盆に行われる伝統 ... Read More

  • 京の晩夏を照らす – 五山送り火 –

    五山の送り火は祇園祭とともに京都の夏をいろどる風物詩   この夜、松明の火を空に投げ上げて虚空を行く霊を見送るという風習があり 送り火は、これが山に点火されてそこに留ったも ... Read More

  • 岸和田だんじり祭

    1703年、岸和田藩主の岡部長泰公が 「米」、「麦」、「豆」、「あわ」、「ひえ」など 五穀豊穣を祈願して行った稲荷祭から始まったといわれている。   &nbs ... Read More

  • 深川八幡祭り

    3年に1度、八幡宮の御鳳輦が渡御を行う年は本祭りと呼ばれる。 宮入り・宮出しで各町の氏子が各々「わっしょい!」の掛け声と共に、 町神輿を担いで繰り出す。   ... Read More

  • 仙台七夕祭り

      江戸時代初期、仙台藩祖の伊達政宗が婦女に対する文化向上の目的で 七夕を奨励したため、当地で盛んな年中行事の1つとなった。 ... Read More

  • ねぶた祭り

      征夷大将軍となる坂上田村麻呂が陸奥国の蝦夷征討の戦場において 敵を油断させておびき寄せるために大燈籠・笛・太鼓ではやし立てたことを由来 ... Read More