歴史

  • 巨大地下空間 – 大谷資料館 –

    大谷資料館の地下採掘場跡は、1919年から1986年までの約70年をかけて、 大谷石を掘り出して出来た巨大な地下空間とされる。   その広さは、2万平方メートル(140m× ... Read More

  • 京都のシンボル – 東寺 –

    東寺は平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、 嵯峨天皇より空海に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。   中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりととも ... Read More

  • 三度匝り、尚良し。 – 会津さざえ堂 –

    「会津さざえ堂」は、1796年福島県会津若松市の飯盛山に建立された 高さ16.5メートル、六角三層のお堂。正式名称は「円通三匝堂」   当時飯盛山には正宗寺というお寺があり ... Read More

  • 漆黒の屋敷 – 松本城 –

    松本城は日本最古の五重天守で、 石川数正という城主が築城したと言われている。   松本城の特徴のひとつは、外壁に黒漆を塗った城であること。 「これは、小笠原氏のあとに ... Read More

  • 生きた江戸時代 – 大内宿 –

    大内宿は、江戸時代における会津若松城下と日光を繋ぐ "会津西街道"下野街道と呼ばれる街道の宿場町でした。   江戸時代に入り街道が整備されると会津西街道は会津藩や新発田藩、 ... Read More

  • 先人の技術 – 錦帯橋 –

    錦帯橋は1673年に、岩国藩主吉川広嘉によって建造され 今では日本三名橋に数えられており、名勝に指定されている。     橋は5連のアーチからなり、 ... Read More

  • 天空の城 – 竹田城 –

    竹田城の始まりは、1441年~1443年に当時の但馬守護山名宗全が 配下の太田垣氏に命じて築かせたのが始まりとされます。   その後、1580年豊臣秀吉による但馬攻めにより ... Read More

  • 東の畔からの西を望む – 洗足池公園 –

    洗足池公園は桜の名所として人気があり 水面の広さ約4万平方mは都内でも屈指の広さを持つ。     洗足池は日蓮上人が「足を洗った」ことから そ ... Read More