SPOT

  • 伝説の竜宮城 – 後ヶ島 –

    山陰の日和山海岸の沖に浮かぶ小さな島には 竜宮城を思わせる美しい東屋があり、沿岸から見ることもできる。     ここは豊岡北部、日和山海岸の沖にある ... Read More

  • まるでピラミッド – 槍ヶ岳 –

    名前の如く天に槍を衝く形が特徴的な高山であり その形から「日本のマッターホルン」とも言われ 登山者でにぎわい、穂高岳などと共に多くの登山者の憧れの的となっている。   ... Read More

  • おもひでぽろぽろ- 上川口屋 –

    東京都指定の天然記念物であるケヤキ並木を抜けた先 鬼子母神堂の境内に「上川口屋」駄菓子屋がある。   1781年創業、江戸時代のこの頃から230年以上も営業している老舗中の ... Read More

  • 漆黒の屋敷 – 松本城 –

    松本城は日本最古の五重天守で、 石川数正という城主が築城したと言われている。   松本城の特徴のひとつは、外壁に黒漆を塗った城であること。 「これは、小笠原氏のあとに ... Read More

  • 生きた江戸時代 – 大内宿 –

    大内宿は、江戸時代における会津若松城下と日光を繋ぐ "会津西街道"下野街道と呼ばれる街道の宿場町でした。   江戸時代に入り街道が整備されると会津西街道は会津藩や新発田藩、 ... Read More

  • 時を打つ – 玉川堂 –

    世界有数の金属加工産地、燕。   金属加工業の中でも唯一、1枚の銅板を鎚で叩き起こして銅器を製作する 「鎚起銅器」の伝統技術を二百年弱に渡って継承している老舗企業 銅 ... Read More

  • 和歌の庭 – 六義園 –

    六義園は、五代将軍徳川綱吉の信任篤かった 柳沢吉保の築いた庭園で、緑多く涼しい風が吹き 都会の中にあって浮世離れした雰囲気が楽しめます。     ... Read More

  • 飲むと背筋が伸びる – 吉乃川 –

    吉乃川の創業は天文17年(1548年)と古く、蔵元は上杉氏のゆかり。   “吟醸蔵”と呼ばれ、清冽な水に恵まれた新潟県長岡市近郊摂田屋で 吟醸造りを基本に据えた日本酒のあり ... Read More

  • トクさんの親子丼 – 玉ひで –

    江戸時代中期から営業を続ける老舗鶏料理店で 250年以上の歴史を誇る。 親子丼発祥の店としても知られ 昼は伝統の味を求め連日、長い行列ができる。   & ... Read More

  • 文壇BAR – ルパン –

    銀座・ルパンは、1928年に開店し 開店当時は、「カフエー」という、女給のサービスで お酒を飲ませる洋風の酒場スタイルでした。   やがて戦争が始まり、洋風の店名は禁 ... Read More

  • 先人の技術 – 錦帯橋 –

    錦帯橋は1673年に、岩国藩主吉川広嘉によって建造され 今では日本三名橋に数えられており、名勝に指定されている。     橋は5連のアーチからなり、 ... Read More

  • 天空の城 – 竹田城 –

    竹田城の始まりは、1441年~1443年に当時の但馬守護山名宗全が 配下の太田垣氏に命じて築かせたのが始まりとされます。   その後、1580年豊臣秀吉による但馬攻めにより ... Read More

  • 大都会の非日常 – 名曲喫茶ライオン –

    バッハ、ベートーベン、モーツァルトなど 珠玉のクラシック音楽をコーヒーといっしょに大音量で楽しめる 渋谷の離れにある「名曲喫茶」     19 ... Read More

  • 酒飲みの流儀 – 丸健水産 –

    昭和33年に創業し、せんべろの聖地・赤羽にある"おでん屋”     毎朝築地から仕入れる魚をすり身にして おでん種を手作りしており、種類は50種に及 ... Read More

  • 東の畔からの西を望む – 洗足池公園 –

    洗足池公園は桜の名所として人気があり 水面の広さ約4万平方mは都内でも屈指の広さを持つ。     洗足池は日蓮上人が「足を洗った」ことから そ ... Read More

  • 心のよりどころ – 北海道神宮 –

    1869年に「開拓民たちの心のよりどころに」と 明治天皇が北海道に大国魂神・大那牟遅神・少彦名神の 「開拓三神」を祀るよう詔を出したのが歴史の始まり。   & ... Read More

  • 鎌倉のひみつ径 – 長谷寺 –

    境内全域は四季折々の花木に彩られ 通年花の絶えることのないその様相は 「鎌倉の西方極楽浄土」と呼ぶに相応しい風情を呈している。     上の境 ... Read More

  • 江戸日常の噺 – らくごカフェ –

    現代ならではカフェに「高座」あり 夜には落語が行われ、演者の息づかいを間近で感じられる。   その他、世界一の古書店街・神保町ならでは 落語関連の古書が充実し ... Read More

  • 笹の上に積もりし雪の如き美しさよ – 笹乃雪 –

    初代玉屋忠兵衛が絹ごし豆富を発明し 元禄四年、上野の宮様のお供をして京より江戸に移り 江戸で初めて絹ごし豆富を作り根岸に豆富茶屋を開いたのが始まり   宮様は当店の豆 ... Read More

  • 湯布院で朝食を – 天井桟敷 –

    「天井桟敷」は、江戸末期の造り酒屋の屋根裏を改装したカフェ。   窓からの景色を眺める席もいいのですが 階段を上って行く上階の「ひっそり桟敷」も隠れ家のような楽しみがありま ... Read More


1 2 3 4 5